2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

誕生日&記念日

+++

  • 犬の十戒
    犬の十戒
  • 愛犬宣言
    愛犬宣言

ワンクリック寄付

***

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月12日 (月)

できることをしよう

震災発生から1年。

昨日は様々な追悼式典等がありました。

私も何か記事を書こうかと思ったのですが、
何を書いても悲しみが募るばかりで。

14時46分に追悼式典に併せて黙祷をしても、
思いを巡らせるだけで涙が・・・。

直接の被害がない私でさえ、このように感じるのに、
大切な方を亡くされ、つらい経験をされた方々のお気持ちは
私などの想像できるようなものではないと思います。

私はこれからも自分に出来る範囲で復興を支援し、
守るべきすべての命に対して、安心して暮らせる
未来を残してゆけるよう、地道に行動していきたいと思います。

あの日、そしてその後に続く日々の中でお亡くなりになったすべての命に対し、
ご冥福をお祈りすると共に今なお、厳しい状況に置かれている皆様に
心よりお見舞いを申し上げます。

Sora20120311
同じ空の下。 #mysky311


2012年3月 6日 (火)

花☆6回目のお誕生日

今日は花の6歳の誕生日!

なのに母ちゃんは今日も残業だよorz
ごめんよ~。この埋め合わせはまた後日!

花と出会った6年前、母ちゃんはまだね、なーんにも知らなくて、
犬はペットショップで買うものだと思ってた。

Dscf0690


うちの初代犬、雑種のちびは野良で、次の柴犬りょうまは父が知り合いから
譲り受けてきたから、実際ショップで買うのは初めてだったけど。

フロアで兄弟と2頭でサークルに入ってた花ちゃん。
「抱っこしてみませんか?」という、セールストークにまんまと乗せられ(笑)
ええ、そうですとも。やっちまいましたとも。抱っこして決めたのは私ですとも。

先代の柴犬のりょうまを16歳で看取って、ちょうど2年程経った頃。

もう6年前になるのかー。早いもんだなぁ・・・。

080628_105613

さて、花を迎えたものの、シュナについてなーんにも知らないという、
超無謀な始まりだったのでそこから色々調べました。

犬種特性を調べているうちに遺伝病に辿り着き、
遺伝病?なんじゃそりゃ?と思ってさらに調べました。

調べているうちに、日本の動物に関する様々な問題がある事が分かり、
たくさんの犬や猫が殺処分されている事を知り、乱繁殖により、
日本の純血種に遺伝病やアレルギーなどが蔓延している事を知り、
犬たちが酷い状態で利用されている現実を知りました。

猫については、あまり深く調べたことはないのですが、
やはりたくさんの問題があります。

ま、今回は花ちゃんのお誕生日の記事なので、それはまたの機会に。

2008_09_27_005

こうやって様々な問題を知る機会を与えてくれた花に感謝しつつ、でも金輪際、
生体販売の店では何にも買わないぞと心に誓った母ちゃんでありました。


はなちゃんはねー、ひとりだったときはほんとうにおさんぽにいくのにくろうしたんだよー。

どうろをはしるくるまがこわくってねー。(いまでもいっしょだけど)

ちょっとすすんでは「もー、いやー、かえるー」ってきかなくってねー。

だっこしてこうえんまでいっても、ぜんぜんたのしそうじゃなくてねー。

それがこはなといくようになってからは、がんばってあるけるようになったんだよねー。

2011080505550000


あそびもぱぺっとにがうるのがいちばんすきでねー。

Dscf0709

まぁ、それはいまもなんだけどー。

ちょっとしゃいでぶきようなのよねー。

いまだにがうがうとおこりんぼうだけど、もう6さいなんだからねー。

すこーしのんびりして。(かりんがおとなしくならないとむりかなw)

すんごーくながいきしてよねー。

ことしも1ねんいっしょにがんばろうねーo(^▽^)o
Schna2

2012年3月 4日 (日)

8週齢規制に賛成します

1330904984705.jpg

※しばらくこの記事をトップに表示します。最新記事はこの下に。


今年は5年に1回の動物愛護法改正の年です。

前回の改正では、販売する側の圧力に負け、大切な法律が盛り込まれずに、結果、この5年間は過去と何も変わらず、たくさんの動物が動物実験で苦しみながら死んでいったり、年間何十万頭もの犬や猫が殺処分されました。

実際に現場に立って診療を行っている獣医師に対するアンケートでは約99.2%の先生が「早期の親からの引き離しが悪影響を与える」と感じているという結果が出ました。

日本は先進国と言われていますが、動物に関しては欧米に比べものにならないほど遅れています。
もちろん欧米と日本では文化も社会的背景も違います。
だからといって、年間年十万頭もの動物をガス室で殺している事実を異常と感じないのであれば、そのことの方が異常ではないでしょうか。

殺処分の多さと8週齢規制がどう関係があるのか、疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

その理由については、ほかにもたくさんの方が書かれていますが、私の考えは後日、記事にさせていただきたいと思います。

ただ、確実に言えることは、今、やらなければまた5年待たなければなりません。

見えないところで行われている真実から目をそらさずに、そろそろ、一歩も二歩も前に進んでみませんか。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »